ドラマ「ラジエーションハウス」第4話感想(ネタバレあり)と見逃し配信情報

TV番組

平成最後の月9ドラマ「ラジエーションハウス」、いよいよ平成最後の放送になりました。

掟破りの天才放射線技師・五十嵐唯織を中心に、ラジエーションハウスメンバーの息の合った演技も見ものです。

今回はどんな展開が繰り広げられるのでしょうか。

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ドラマ「ラジエーションハウス」第三話感想(ネタバレあり)と見逃し配信情報

ドラマ「ラジエーションハウス」第4話あらすじ(ネタバレあり)

唯織は、杏と偶然出くわす。杏は、友人を誘って飲みに行った帰りだった。公園で杏を介抱した唯織は、彼女が、以前股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。画像所見と血液検査の結果が合わないからだった。杏の力になろうと早速動き出す唯織。

あくる日、甘春総合病院に、ロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月がやってくる。美月は、右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村は、しばらく様子を見ると美月に伝える。

診察を終え、バンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃とぶつかる。その際、落ちたスマホから、美月が『FLY AGAIN』という曲を聴いていたことを知る裕乃。その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても大切な曲だった。

裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたものの、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたい、と願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。

唯織は病院長に頼み込み股関節痛の患者の再検査を行うことに成功した。再検査を知らされていなかった鏑木は激怒。しかしこれといった所見は見当たらなかった。

裕乃も思い切って美月の再検査をしたいと技師長に言ってみる。するとアドバイスをもらいその通り動くことで再検査できるようになった。

再検査の結果、右肩の痛みの原因は肺気胸だということがわかった。原因がわかってホッとする裕乃と美月。

美月は無事、最後のライブに間に合うよう治療できた。

ドラマ「ラジエーションハウス」第4話感想

ツイッターではどんな感想が聞かれたのでしょうか。

今回は広瀬アリスちゃん演じる広瀬裕乃にスポットを当てた回でしたね。

裕乃が新人だからと肩に力が入った感じとか仕事が全然できないとプレッシャーに感じるところとかすごく共感できました。

そしてますますラジエーションハウスのチームメンバーの結束力が高まってきましたね。何があっても大丈夫!みたいな。

来週もまた楽しみです♪

ドラマ「ラジエーションハウス」第4話の動画配信は?

「ラジエーションハウス」を見逃してしまった方やもう一度見たい!という方はフジテレビオンデマンド(FOD)で見逃し配信されていますのでご覧になってはいかがでしょうか。

FODは、今なら30日間無料でお試し登録できますよ。

また30日以内に解約すれば実質無料で見ることもできます。

この他にもフジテレビ系ドラマが配信されていますので、気になる方は一度お試し登録してみては?

↓↓無料お試し登録はこちらから↓↓

ドラマ「ラジエーションハウス」第5話感想(ネタバレあり)と見逃し配信情報

コメント