ドラマ「ラジエーションハウス」第7話感想(ネタバレあり)と見逃し配信情報

TV番組

物語もラストスパートに差し掛かってきた「ラジエーションハウス」。

今回は軒下さんが主役の回で、浜野謙太ファンとしてはとても楽しみです。

いったいどんな展開が繰り広げられるのでしょうか。

>>無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

ドラマ「ラジエーションハウス」第6話感想(ネタバレあり)と見逃し配信情報

ドラマ「ラジエーションハウス」第7話あらすじ(ネタバレあり)

ある日のこと、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃だが…。

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴と志朗夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。

軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。

真貴のマンモ画像を読影した杏は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。

それを見ていた鏑木は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。

再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。

それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。

真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返す。

夜になり、裕乃の1人当直が始まった。不安でいっぱいのところにさっそく外傷患者の検査依頼が入ってくる。CTとレントゲンだが撮影箇所が多くてんてこ舞いの裕乃は軒下に連絡をする。

ほどなく軒下が病院に到着し、裕乃はなんとか事なきを得る。

同じ夜、唯織もマンモグラフィの検査を行っていた。患者は蛭田真貴。唯織が院長に許可をもらい再検査を行っていたのだ。

検査の結果、真貴はCSLというとても珍しい良性腫瘍だと唯織は真貴と志朗に伝える。

翌日、マンモグラフィの画像を見た杏は、なぜ唯織にはCSLだと見抜けたのか疑問を持つようになる。

一方、技師長・小野寺は唯織を呼び出す。写真を見せられる唯織。そこには海外の有名な放射線科医と一緒に写る唯織の姿があった。

小野寺は「お前は何者だ?」と唯織に問いかける―――。

ドラマ「ラジエーションハウス」第7話感想

ツイッターではどんな感想がつぶやかれていたのでしょうか。

出会系アプリで知り合った女の子に「実は医者じゃない」と告げる軒下さん、良かったですね〜。

その後に真貴と志朗にも医者じゃないことを告白して、なんとも素直じゃないですか。

一方唯織の方は大丈夫なんでしょうか?鏑木にも目をつけられていますし、杏も疑問に思っている、そして小野寺からの詰問…。

ラストスパートにかけて、ここらへんが話の軸になってきそうですね。

ドラマ「ラジエーションハウス」第7話の見逃し動画配信は?

「ラジエーションハウス」を見逃してしまった方や過去回をもう一度見たい!という方はフジテレビオンデマンド(FOD)で見逃し配信されていますのでご覧になってはいかがでしょうか。

FODは、今なら30日間無料でお試し登録できますよ。

また30日以内に解約すれば実質無料で見ることもできます。

この他にもフジテレビ系ドラマが過去のもの含め多数配信されていますので、気になる方は一度お試し登録してみては?

>>まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

ドラマ「ラジエーションハウス」第8話感想(ネタバレあり)と見逃し配信情報

コメント