ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第6話感想・ネタバレありと見逃し配信情報

TV番組
スポンサーリンク

そろそろ折り返しの第6話になってきました「ストロベリーナイト・サーガ」。

今回は初映像化作品だそうで、どんなお話か気になるところです。

姫川と菊田もだいぶ距離感縮まってきて、良いチームになってきている気がします。

今回も良いチームワークを見せてくれるのでしょうか。

>>【フジテレビオンデマンド】

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第5話感想・ネタバレありと見逃し配信情報

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第6話あらすじ(ネタバレあり)

今泉が連続刺傷事件の捜査命令を伝えに来た。

被害者は三人。計画的犯行なのか、通り魔によるものなのか定かではないが、「通り魔」という言葉を耳にした瞬間、葉山の身に緊張が走る。というのも、葉山には小学生時代、目の前で家庭教師を通り魔に殺されるという過去があったのだ。

事件解明を託された姫川班の面々は、上本所署に赴き、担当係長から詳しい現状を聞く。

容疑者が最初に刃物で襲った峰岡里美は、数カ所刺されて通行中の菅沼久志、小野彩香に助けを求める。二人は会社の同僚で、昼食を食べた店から出てきた所だった。

峰岡と同様に二人は犯人に切りつけられ、菅沼は頸部に損傷を受けたため失血死してしまう。

その後、容疑者は自殺を図って意識不明の重体となってしまったため、身元の特定や犯行動機が困難になっていた。

最初に襲われた峰岡里美が意識を回復したという一報を受け、姫川と菊田は事情聴取に向かう。「対人関係にトラブルはなかったか」という質問に峰岡里美がわずかに顔を歪めた点が捜査のヒントになった以外、容疑者を特定できるような話は何も聞くことができなかった。

一方、怪我で済んだ小野に事情聴取に行く葉山たち。だが精神的ショックがひどくこちらも話を聞くことはできなかった。

捜査を進めていくうちに、独身だと言っていた峰岡里美に「重樹」という息子がいることがわかった。しかし小学校にも通った形跡がなく、不明な点が残るばかり。

葉山たちも小野のところに何度も通うが、なかなか話を聞くことができずにいた。

姫川たちは峰岡里美の本籍地に捜査に行くことに。本籍地に到着した姫川班の面々は部屋を捜査する。すると子どもの白骨遺体が見つかった。

と、同時に菊田はあの部屋に峰岡里美と重樹の他に、もう一人誰かがいたのではないかと感づく。峰岡里美に事情聴取の際にそれとなく聞いてみたが「誰もいない」と言われてしまう。

一方、葉山の方は進展があった。小野から話を聞くことができたのだった。小野によると犯人は「ヒロに謝れ」と悲壮感たっぷりに叫んでいたという話だった。

それを聞き感づく姫川と菊田。その頃ちょうど犯人が意識を回復したという報告が入った。

翌日、事情聴取に向かう姫川と菊田。犯人に「あなたの名前は峰岡重樹か」と尋ねると固まってしまった。犯人は峰岡重樹だったのだ。

そしてヒロというのは白骨遺体で見つかった弟だということがわかった。

峰岡里美はほとんど家におらず、峰岡重樹は幼い頃から弟のミルクをやったりおむつを交換するなど面倒を見ていたという。ある日ゲームをやっている時に弟がそのまま寝てしまったことがあった。しかしそれは弟が何らかの理由で死亡してしまったという出来事だった。

その後、引っ越しを理由に公園に置き去りにされた重樹は、そのまま母親が迎えに来ることなく捨てられた。

重樹は執念で母親・里美を探しあて声をかけたが「ヒロなんてどうでもいい」と言われ、ずっと自責の念にかられていた重樹は母親を刺したというのが事件の顛末だった。

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第6話感想

ツイッターではどんな感想がつぶやかれていたのでしょうか。

今回はなんとも悲しいお話でした。

ツイートの最後にも引用させていただきましたが、子どもは親を選べないんですよね。だからこそ、子の幸せを願う親であってほしいのですが…。

犯人役の人もベッドの上で寝てしゃべるだけなのにとても演技がうまくて引き込まれてしまいました。

そして弟・ヒロくんのご遺体を「きれいでした」と嘘をつく姫川主任…。すべてが悲しかったです。

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第6話の動画配信はあるの?

「ストロベリーナイト・サーガ」を見逃してしまった方や最初からもう一度見たい!という方はフジテレビオンデマンド(FOD)で配信されていますのでご覧になってはいかがでしょうか。

FODは、今なら30日間無料でお試し登録できますよ。

また30日以内に解約すれば実質無料で見ることもできます。

この他にもフジテレビ系ドラマが配信されていますので、気になる方は一度お試し登録してみては?

>>まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

コメント