ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第9話感想・ネタバレありと見逃し配信情報

TV番組
スポンサーリンク

前回は互いに惹かれ合う姫川の相手、暴力団組長・牧田が刺されてしまうところで終わりました。

どうやら物語はまだ続きそうです。

今回は、姫川班解体!?との予告もありましたが、いったいどんな展開が繰り広げられるのでしょうか。

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第8話感想・ネタバレありと見逃し配信情報

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第9話あらすじ(ネタバレあり)

柳井の恋人、内田貴代と接触した姫川は柳井が残した音声ファイルを受け取る。

そこには小林が殺害されたときの現場音源が収録されていた。その声の主は牧田に違いないと当人を問い詰める姫川に対し、牧田は断じて自分は殺害していないと否定する。

そこに、突然刃物を持って突進してくる牧田の舎弟、川上義則。姫川を刺すはずが、誤って牧田を殺害してしまう。

川上の供述によって、小林・藤元を殺したのは川上で、柳井も自殺をさせたのは川上だったことが判明した。

四人の死をもって一応の解決をみたこの事件。自分の身代わりになった牧田、救えなかった柳井に対し、姫川は責任を感じていた。

数日後、警察は事件についての記者会見を開く。長岡刑事部長は過去の不祥事が露呈しないよう柳井については言及しないよう和田捜査一課長に命令した。

しかし和田課長は事件の全容として、柳井の関与も記者会見で発表してしまう。激怒して記者会見場に臨もうとする長岡部長だったがガンテツに止められてしまう。

後日、この事件に関わった捜査員の処遇が発表された。これによって姫川班は解体となってしまった。

池袋西署に配属になった姫川。そこでも独自の「勘」を頼りに捜査を続けていた。

現在追っているのは、トキワ硝子の赤城社長が自殺をした件だった。ただの自殺ではなく、取り込み詐欺の被害に遭ったことを苦にしての自殺だった。

今山商事の黒沢・大島・北野と名乗る人物から7000万円相当の商品を奪い取られてしまっていたのだ。

捜査を続けていると北野という女の素性が割れた。北野は偽名で本名は吉田という3兄弟だった。兄弟で詐欺グループを取り仕切りまとめていたのが「黒沢」と名乗っていた兄弟の長男だったのだ。

男を捕まえ取り調べをする姫川。「人はみな一人だ」という吉田に対し「人はみなつながっている」と諭す姫川だった。

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第9話感想

ツイッターではどんな感想がつぶやかれていたのでしょうか。

今回は1時間のうち前半が「インビジブルレイン」編、後半が「アンダーカヴァー」編でしたね。

前回の終わり方が中途半端だったので、最後の処分のところまでしっかり描いてくれてよかったなと思いました。

後半の「アンダーカヴァー」編の、大阪弁の姫川、なかなか良かったですね(笑)

姫川班は解体されても姫川のやり方は変わらずに、自分の信念を持って捜査に取り組んでいるのがまた良かったです。

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第9話の動画配信はあるの?

「ストロベリーナイト・サーガ」を見逃してしまった方や、最初からもう一度見たい!という方はフジテレビオンデマンド(FOD)で配信されていますのでご覧になってはいかがでしょうか。

FODは、今なら30日間無料でお試し登録できますよ。

また30日以内に解約すれば実質無料で見ることもできます。

この他にもフジテレビ系ドラマが配信されていますので、気になる方は一度お試し登録してみては?

>>まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

コメント