2020年のおせちは料亭の味で人気の【匠本舗】で!賞味期限はいつまで?

その他

秋になると年の瀬を意識し始めると同時に新年のことも気になってきますよね。

今回は毎年人気を集める「匠本舗のおせち」を紹介したいと思います。

9年連続ネットショップ大賞受賞、累計125万個販売している「匠本舗」のおせちのこだわりや魅力をお伝えしていきます。

匠本舗が人気の理由

匠本舗は12の料亭から24種、全国のオリジナル料亭おせちを販売している人気のおせち販売業者です。

昨年までで累計125万個販売、匠本舗でおせちを購入した方の94%以上が「満足している」と答えていることからも人気の高さが伺えます。

またネットショップ大賞を9年連続で受賞しており、人気・実力ともに折り紙つきと言えるでしょう。

さらに嬉しいのが早く注文すればするほどお得に買える早期割引制度があるところです。

なぜここまで匠本舗が人気なのか、理由を紐解いてみましょう。

匠本舗のこだわり

匠本舗のおせちには安心安全へのこだわりがあります。

  • 中国産主原料不使用
  • 合成保存料不使用
  • 合成着色料不使用

おせちはおめでたいお正月から食べるものですから、安心して食べたいですよね。

ですから使用する原料にもしっかりこだわっているんです。

また、匠本舗のおせちは盛り付けた状態で冷蔵で届けてくれます。ですから、元日の朝に冷蔵庫からそのまま食卓に出すだけ!という手軽さも受けている理由なんです。

匠本舗のおせちは、他では買えないオリジナルのおせちであることもこだわりポイントです。

各料亭や料理人と共に作り出したオリジナルのおせち(野村佃煮のおせちを除く)は、毎年お客様から寄せられる声をおせち作りに活かし、味や見た目の美しさを厳しくチェックして毎年新しいおせちが生み出されています。

それだけでなく、ベテラン主婦の皆さんに集まっていただき、おせちの試食・品評会を行なっています。

品評会では味や見た目・値段等を評価しています。主婦の意見がダイレクトに反映されているおせちと言っても過言ではないでしょう。

こうしたこだわりをうんと詰め込んだおせちが匠本舗のおせちになります。

匠本舗のおせち、賞味期限はいつまで?

食品ですから、賞味期限は気になりますよね。

匠本舗のおせちは、12/29〜31のいずれかの日に届きます(配送日はメールにてお知らせがあります。また配送日は選べません)。

届いたら冷蔵庫で保管してくださいね。

そして気になる賞味期限はどのおせちも1月2日までになります。

今年はクレジットカード決済がお得!

匠本舗さんは「キャッシュレス・消費者還元事業対象」ですので、クレジットカード決済で購入すると5%還元されます!

割引になっていると言っても、1万円を超える買い物をするのですから、ちょっとでもお得に購入したいですよね。

クレジットカードを使ってさらにお得におせちを購入してくださいね!

匠本舗 人気のおせちベスト3

それでは匠本舗のおせちの人気ベスト3を発表します!

それぞれのおせちを解説していきます。

1位 京都祇園料亭「岩元」監修おせち 匠

岩元監修「匠」のおせち

昨年度の匠本舗のおせち販売実績ナンバー1の「岩元」監修のおせち「匠」。

新鮮素材を大切にしつつも京都らしさにこだわった匠技の逸品になります。

素材の持ち味を活かした京風の味付けで、どれも上品に仕上がっているんです。

今年は人気の海産物を使った料理を増やし、食感や彩りを生かすために、調理法を位置から見直すなど丹精込めた品々が詰まっています。

その数なんと45品目

エビやアワビは生きたまま仕入れ、火を通しすぎず歯ごたえをしっかり感じられるように大切に仕上げています。

金目鯛の味噌幽庵焼きは、その鮮やかな色合を失わないよう最新の注意を払って調理されています。

料亭ならではの料理を家庭で楽しめるよう工夫をこらしたおせちになります。

「岩元」監修の「匠」は3〜4人前が目安になっており、45品目三段重になってお届けされます。また祝箸が5膳ついてきますよ。

お値段は通常価格18,800円(税込)のところ、11月25日までに購入すれば15,300円(税込)と3,500円もお得に買えます。

注文が殺到して予定数に達した場合は早割価格での販売を終了する場合もありますので、気になる方は早めに注文した方がお得に確実に買えますよ!

2位 京都東山料亭「道楽」監修 特大重福来重 新玉の息吹

道楽監修「新玉の息吹」おせち

創業380余年、京都の老舗料亭「道楽」監修のおせちになります。

京料理の伝統を伝える14代目当主が京都らしい薄味にこだわった純和風のおせちになります。

380年以上続く伝統を継承し、余計なものが入っていない「本物の京料理」を守り続けている「道楽」。

おせちには「幻のきのこ」と呼ばれる京都丹波産の「大黒本しめじ」が入っています。香り豊かで旨みたっぷり、大黒様のようにふっくらしていて新年にふさわしい縁起の良いしめじが使われています。

66品目も入っているので家族みんなが満足できそうです。

京都の伝統ときらびやかさを感じられるおせちに仕上がっています。

「道楽」監修の「新玉の息吹」は5〜6人前が目安となっており、66品目三段重になってお届けされます。祝箸は10膳ついてきますよ。

お値段は通常価格32,000円(税込)のところ、11月25日までに購入すれば23,000円(税込)と9,000円もお得になっちゃいます!

こちらも予定数に達した場合は早割価格での販売を終了する場合もありますので、気になる方は早めに注文することをオススメします!

3位 京都東山料亭「道楽」監修おせち 平安祝重 清新

道楽監修「清新」おせち

2位の「新玉の息吹」と同じく「道楽」が監修した3〜4人前のおせち。

ベテラン主婦が選んだ「おせちを食べてみたい料亭」ナンバー1の実力派おせちになります。

道楽当主が自ら歌詞を選び直筆にしたためた言祝ぎ付お重でお届けになります。

今年は徹底的に「道楽らしさ」「京都の粋」にこだわって作ったそうです。

「ぐじ(甘鯛)」「湯葉」「高野豆腐」など、京都らしい品を盛り込んでいる純和風のおせちになります。

また、牛・鴨・豚など肉料理を増やし、子供も食べられるような献立に変更されています。

「道楽」監修の「清新」は3〜4人前が目安となっており、46品目三段重になってお届けされます。祝箸5膳付になりますよ。

お値段は通常価格18,800円(税込)のところ、11月25日までに購入すれば15,300円(税込)と3,500円OFF!

こちらも予定数に達した場合は早割価格での販売を終了する場合もありますので、購入を検討されている方は早めのご決断を!

まとめ

匠本舗のおせちは、上で紹介した3種以外にも全部で24種類ありますので、公式サイトでそれぞれをチェックして、お気に入りのおせちをお早めに注文することをおすすめします。

早割は早ければ早いほどお得に買えますからお得なのはもちろん、確実に注文できるのが良いところです。

注文時期が遅くなるとお値段も高くなり、また予定数に達してしまった場合、早割が効かなくなったり注文できないこともありますので、上手に早割制度を利用しておいしいおせちで新年を迎えてくださいね!

コメント